シェード縫製について<バルーンシェード>

バルーンシェードは、フラットなプレーンやシェープシェードとは違い

生地を多く使うことによってボリュームを持たせるスタイルです。

生地は横幅に対して2倍や2.5倍の量を使います。

上部はヒダ山やギャザーテープで生地を集めて裾でボリュームを持たせます。

また、上記の作成方法の違う箱ヒダ山を使って作るフラットバルーンなどがあります。

弊社は、ギャザーテープ仕様とフラット<箱ヒダ>仕様の2種類が出来ます。

さらには、最近少なくなってきましたがシェードレールを使わない上げ下げしないタイプで

カーテンレールに取り付けされる固定タイプのバルーン<フラットバルーン>があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です