裁断

ローマンシェードで一番重要なことは何かとよく考えることがあります。
裁断 縫製 仕上げなどどれも重要ですが、やはりシェードは柄を魅せるスタイルですので裁断でお客さまの心象が変わるように思います。
会社内でも工場はわかっていても営業が説明できないといけない部分だと感じ最近講習会を工場で行いました。
IMG_0007
いきなり裁断はしません。
まず頭の位置を確認します。
普通にリピートで切ってしまうと柄がきれいに見えなくなります。
また、この時に柄ずれも確認します。
頭をきれいにそろえておかないと2巾使いや2台以上作る際に柄がきれいにそろいません。

IMG_0008
次に生地の傷を裏表確認します。
ここで傷があった場合は、お客様にご連絡し指示を待ちます。
IMG_0009
ここまでしてからあら切りをしたり線を引くなどして裁断をします。

ここまででかなりの時間を費やしていますがきれいに作ることを前提としていますので当然だと思います。
柄がきれいにできているシェードはとてもきれいです。
柄を魅せたい生地がある場合は、シェードお勧めします。

また、工場や作業について書いていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です