シェードチェーンを短くしたい場合

シェードの操作紐を短くしたいという話がたまにあります。
メカによってはできないものもありますのでメーカーもしくは詳しい専門業者にお問い合わせいただくのがいいのではと思います。

ちょっとだけですが説明しますとコード式は、丈の長さ以下の短さにすることは構造上できません。
また、ドラムチェーン式も一部の商品を除いては丈の長さの約3分の2以下は短くしない方がいいと思います。

では全くできないかといいますそれは違います。
ドラムチェーン式の中でチェーンがジョイントがないエンドレスタイプの場合は、短く出来ます。
ただし、ご発注時にきちんとした寸法をいただかないと現場で短くすることはできません。

短くできない場合は、コードクリップと呼ばれる商品がありますのでそれに巻き付けて短くしてください。
1チェーン
こんな感じです。

ロールスクリーンも同じ考え方が可能です。
チェーン式の場合は、エンドレスタイプは短くできます。

参考程度になりましたら幸いです。

お洒落な間仕切りアートリングカーテン

お洒落な間仕切りアートリングカーテンのご紹介です。
この商品は、昨年から非常にご好評いただいています。
その理由といいますのが、カーテン以外の用途です。
間仕切りとしてご使用いただいています。

テンションレールを併用してご使用いただきますと簡単に取り付けが出来ます。
また、オーダー専門の工場でサイズも指定できますので収まりがよく空調の利きをよくしたり、外気の侵入を妨げる効果が上がるかと思います。

さらには、リングカラーの種類が多いので選べる楽しさがあります。

形は2種類、カラーは19種類あります。
DSC00149 (480x640)

ロールスクリーン加工

弊社ロールスクリーンは、お客様から送っていただいた生地(必要要尺はあります。)でおつくり致します。
通常ロールスクリーンの生地は、原反から専用生地を作るか、生地の裏に専用芯地を貼るかです。
弊社は生地に特殊なコーティングをしてロールスクリーン専用の生地に仕上げます。
加工できる生地には条件はございますが、できる限り生地の風合いを残した仕上げになっています。
ロールスクリーン
ロールスクリーンは、窓回りだけでなく間仕切りや収納を隠すためにも使われ、使いやすい製品です。
気に入った生地で窓回りだけでなく違う部分のおしゅれも是非どうでしょうか?
上記写真は、お客様ご依頼で作りました洗濯機を隠すための製品です。

過去には、アニメの生地でロールスクリーンを作りました。
お客様が気に入った生地で作りました。
シェードとは違って、生地のたたみしわがなくフラットなスタイルですのでキャラクターがきれいに見えます。

販売店様でも自分だけの生地でオリジナルを作って見てはどうでしょうか?

アートパネル

アートパネルは、一般的にはファブリックボードと言われているものです。
生地を板に張り付けて絵のように見せる製品です。
割と北欧系の柄の大きな生地を使うケースが多いです。

パネル
一つの柄で一枚でもいいですが上記のような何枚かに分けてみるのもいいのではと思います。
また、ちょっと改良を加えたアートパネル時計仕様もちょっと面白いのではと思います。
アートパネル時計
一品物としても新築のお祝いなんてどうでしょうか。

シェードの幕体交換

昨日は、幕体を残してメカを交換する話をしました。
今日は、メカがまだ使えるので幕体を交換していく話をします。

幕体を交換する際に気を付けることは、メカと同じですが寸法とリングテープの位置です。
以前あった幕体のサイズを直接図ると完成したときに小さくなっているケースがあります。
出来ましたら、窓の寸法とメカの寸法を確認いただいた上で作りなおす寸法をいただけましたら幸いです。

リングテープの位置は、始めにお知らせいただけましたら位置に合わせて幕体をお作りすることが出来ます。
ただし、少し違っていてもメカも修正が出来ますので対応が可能です。

弊社にメカを送っていただいて取り付けも出来ます。

弊社で製造した製品は、管理番号をいただけましたら、簡単にご発注いただくことが出来ます。

生地が高くて丈夫な場合はメカ交換でメカが丈夫な場合は、幕体交換の対応することによって、新品を作るより安くなる場合もございます。

エコも考えるという意味もありますが、色々考えて買い替えする際にはご注意いただけましたら幸いです。

シェードメカ交換

最近シェードの幕体はそのままでメカが故障又は、古くなったので交換という話があります。
新規で購入したときに高い生地で作られた場合やまだ幕体がきれいで使用可能な時に多い話です。

ご依頼いただく際は、新規で作られた際の発注寸法がわかるのが一番いいのですが幕体から寸法を追っかけると窓にきちんとおさまらないケースがあります。
弊社で作られた製品の場合は、過去の発注書もしくは既存のメカについていますナンバーシールをご確認いただきますと簡単に寸法がわかります。

さらに弊社で作られた製品ではない場合で、メカだけをご購入してお客様で取り付けられる方は、幕体についているリングテープの位置や本数、ウエイトバーの幅の大きさなども確認が必要です。
寸法を頂戴して弊社でセッティングもできますが、その際にはお手数ですがクリーニングをしてから送っていただきますようお願いいたします。

過去に自宅で洗濯された方が湿ったままお送りになられて箱を開けたら大変なことになったことがございます。

ご不明な点ございましたら、弊社営業もしくはお問い合わせいただけましたら幸いです。

テーブルライナー

ランナー
テーブライナーです。
テーブルに置いておくだけですがちょっと感じがよくなった気がします。
このライナーは、残布で作りました。
カーテンの生地と同じものを同じ部屋で別に形に使うのも面白いのかなと思います。
弊社では、リサイクルの一環として残布でこのような製品を作り販売もしています。
もちろんお客様のところで余った生地での作ることも、弊社にご注文いただいた生地の残りで製作も出来ます。
裏地付、裏地なしも色々と出来ますのでお客様ご自身のオリジナル商品と考えられるのもひとっつではないかと思います。

特殊なシェード<セパレート仕様>

今年初めにお客様からこんなシェードはできないのかというお問い合わせをいただき考えてみました。
セパレート3セパレート4
これは、2台のシャープシェードに見えるかもしれませんが、メカは一台で操作も片側一つです。
我々の業界ではセパレート仕様と言いまして一つのメカに二つの幕体をつける仕様です。
コード式は割と簡単にできるのですが、ドラム式ではメカの構造上通常はできません。

依頼をいただいた以上は考えなくてはとちょっと工夫を考えてドラム式で作りました。
この工夫は、メーカーさんではおそらくやらないのではと思います。

ではこのスタイルはどんなところに求められているかといいますと3台シェードが並ぶ場合です。
真ん中のシェードの操作はドラム式だとどうしても窓の真ん中に来てしまいますがこの仕様を使うことで操作を窓の両側に集められるため見栄えが良くなるという考えです。

ちょっと説明が必要製品ですので説明後了解いただいたお客様のみの販売になります。

以上のようなメーカーではできないが弊社では条件付きではございますができることもございます。
また、このような商品を自社のオリジナルとして使っていただくことも出来ます。

弊社は、このようなカーテン販売専門とするプロからいただいた課題をクリアしながらやってきています。

当然できないことはございますが、考えることは好きですので何かありましたらご相談いただけましたら幸いです。

 

カーテン情報サイト(のつもり)ブログリニューアルしました。

こんにちは。
ホームページを一新しました。
システム上今まで書いたブログがなくなってしまったため新たなスタートになりますが気持ちを入れ替えて更新していこうと思います。

弊社オリジナルカーテン、シェード、スタイルカーテンやオリジナルの資材を使った提案なども随時更新予定です。