カーテンアプリに新柄追加です。

最近寒暖の差が厳しくさらには花粉症にも悩まされる日々です。

さて、すでに一部ではご紹介しましたが弊社オリジナルカーテンアプリに新柄が追加されました。
アプリの良さは、バージョンアップをすれば最新のカタログが使えるという点です。

また、生地の全体イメージが見れます。

今後も新しい柄の追加の予定がありますのでアプリのご利用をしていただけましたら幸いです。

詳しくは弊社営業まで

シェードメカ仕様変更について

9月2日出荷のTOSOダブルワンチェーンドラムのメカの仕様が一部変更になります。

要点は、2点

①チェーンの操作が以前よりも軽くなったこと。
②パーツの数が少なくなったこと。

です。

見た目などは特に変わりありませんがマイナーチェンジです。

今後ご注意いただきたいことは、いつ頃の製作か覚えていただくか管理が必要になります。
もしメカに何かあった場合にパーツが合わないことが出てきます。

弊社は、過去に製作したメカは2006年からデータ管理していますのでメカについている番号か製造日がわかれば対応が出来ます。
*ただし古いものは、パーツの取り寄せが出来ない場合もございますのでご注意下さい。

 

iPhone専用カーテンアプリ

弊社のカーテンコーディネートアプリはiPad専用でしたが、より使いやすく幅広い方に簡単にお使いいただけるようにこの度iPhone専用のアプリをご提供する準備が出来ました。
使い方は、iPadと同様で画面の部屋を自分の部屋に近いようにコーディネートし、その後からカーテンをお選び出来るようになってます。

カーテンの種類は、カーテン、シェードやロールスクリーンのスタイルが出来ます。
生地は、約120の厚地と薄地がありますので色々な組み合わせが楽しめます。

iPadの画像      iPhoneの画像
IMG_0016 (640x480)  IMG_0127

iPhoneでのコーディネート実例
IMG_0128  IMG_0129

詳しくは弊社営業まで

 

超音波カット

今日たまたま超音波カットについてのお問い合わせがあったためちょっとご紹介します。

超音波のカットは、ヒートカットと違い熱の焦げ目に出ないカット方法です。
仕上がりも非常にきれいです。

カット面はこんな感じ
PICT0353 (640x480)
波型です。
もう一つは
PICT0365 (640x480)
ストレートカットの型です。

超音波ミシンという特殊なミシンで出来る仕上がりです。
シャワーカーテンやカフェカーテンに三巻をしないで超音波で処理して使う方もいらっしゃいます。

情報発信はホームページから

約2か月振りのブログです。
見ていただく方に対してどのようなものを書いていけばいいのかと模索しているうちに手が段々止まってしまいました。

やはりどのような形でもいいので弊社の情報発信を続けていくことが重要だと改めて思い直しカーテンの情報を書いていこうと思います。

裁断

ローマンシェードで一番重要なことは何かとよく考えることがあります。
裁断 縫製 仕上げなどどれも重要ですが、やはりシェードは柄を魅せるスタイルですので裁断でお客さまの心象が変わるように思います。
会社内でも工場はわかっていても営業が説明できないといけない部分だと感じ最近講習会を工場で行いました。
IMG_0007
いきなり裁断はしません。
まず頭の位置を確認します。
普通にリピートで切ってしまうと柄がきれいに見えなくなります。
また、この時に柄ずれも確認します。
頭をきれいにそろえておかないと2巾使いや2台以上作る際に柄がきれいにそろいません。

IMG_0008
次に生地の傷を裏表確認します。
ここで傷があった場合は、お客様にご連絡し指示を待ちます。
IMG_0009
ここまでしてからあら切りをしたり線を引くなどして裁断をします。

ここまででかなりの時間を費やしていますがきれいに作ることを前提としていますので当然だと思います。
柄がきれいにできているシェードはとてもきれいです。
柄を魅せたい生地がある場合は、シェードお勧めします。

また、工場や作業について書いていきたいと思います。

明けましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

昨年末からブログや情報などの更新が滞っていました。
今後どのようにお伝えすることがいい形なのか少し考えてしまってなかなか手につかない状態でしたが小さなことからこつこつとやっていくことを基軸にしてよりいい情報発信ができましたらと思っています。

今年もよろしくお願いします。

 

ベットカバーも作れます。

今日ご来社いただきましたお客様と縫製関係の話をしていました。
ショールームに置いてあったテーブルライナーを見てこれと一緒にベットカバーも出来ないのかといわれました。

弊社では、家具屋向けに要望があれば作っていましたので出来ますとお伝えしました。

色々なご紹介はしてきたつもりでしたがカーテン専門店では、まだまだローマンシェードの会社のイメージがかなり強いのかなと思いました。

また、弊社の宣伝力の不足も痛感しました。今後はもう少しわかりやすくする方法も模索しなくてはと思います。

 

ペッパーがいた!

先日あるお客様の店へ訪問をしました。
中にいたのは最近話題のロボットペッパーでした。

お客様いわく話題を作るためとおっしゃっていましたが、最近労働人口の問題が何かと話題になる中でロボット化の波がとうとう我々の業界まで来たのかと衝撃を受けました(冗談ですが)。

まだ色々と教えている最中のため店頭デビューはまだ先とのことでした。

でもいつかはロボットが接客をするようになるかもしれません。

アプリ追加生地準備中

弊社オリジナル生地カーテンアプリの追加生地の準備中です。
出来次第ホームページでもご紹介致します。

今回のオリジナルアプリでは、アップデートの連絡でアップデートが簡単にできる仕組みにする予定です。

営業が連絡しなくてもアップデートがきちんとされていれば最新のカタログが常にお客様の手にある画期的なものになるのではないかと思います。

また、経過報告いたします。