アートリングカーテン

アートリングカーテンは、弊社オリジナルのハトメカーテンです。
通常ハトメカーテンは、金属のハトメがついている製品です。
ハトメ1
こんな感じです。

アートリングカーテンは、多種なカラーでおしゃれなハトメと使った製品です。
カラーは19種あります。
ハトメのカラーをいろいろ選んでいただいてオリジナルのカーテンを作って見るなどいろいろ遊びが出来ます。
DSC01088 (480x640) DSC01090 (480x640) DSC01086 (480x640)
写真はほんの一部ですが同じ生地でハトメカラーを変えたイメージです。
もっとたくさんございます。
また、間仕切りカーテンとしても非常に人気の高い製品です。
アートリングチラシ

 

オリジナルカーテン<STYLE JAPAN>

弊社オリジナル生地シリーズです。
厚地は形状記憶付が通常となります。
レギュラーカーテン シェード 一部ロールスクリーンなど加工出来ます。

専用アプリがありますので完成イメージが比較的わかり易くなっています。

ご興味がある方はお問い合わせいただけましたら幸いです。

コードスクリーン(紐カーテン)

弊社の紐カーテン(コードスクリーン)は、国産で防炎加工の製品です。
A11
上記の写真のようなちょっとした間仕切りや入口など簡易的な目隠しなどに使えます。
カーテンとしてもレースカーテンの代わりに使うケースもあります。

防炎品ということもあり、店舗などでは重宝されます。
また、スタイルもカーテンスタイル、パイプ通し、パネルカーテン用マジックテープ仕様などの製造が出来ます。

現在弊社では、カラーはホワイト、ブラック、ベージュ、ブラウンの4種類の取扱いをしています。

サイクロイドカーテン

弊社の技術を使った新しい縫製提案になります。
大きな柄などのカーテンの場合通常の縫製ですときれいに見えないケースがあります。

サイクロイドと名付けたカーテンは、その問題へなくします。
また、生地ボリュームを少なくしても貧相に見えないスタイルです。


また、裾も通常の三巻では物足りなくすっきりと仕上げたいので下記の写真のような仕様にしました。

出来る製作サイズや生地などの制限がありますためご興味がありましたらお問い合わせいただけましたら幸いです。
弊社ショールームにも現物いくつか飾ってあります。

シャワカーテン

弊社シャワーカーテンは、耳裾の3方を超音波カットで処理しています。
超音波カットとは、ヒートカットとは違う切り方でカット面に焼いた焦げ目がつきません。
また、超音波カットすることで耳裾に水や汚れがたまらないので清潔にご使用いただけます。

上部は、ハトメでフックにひっかけていただく形になっています。
小さいハトメを使用することで上部にも水分や汚れもたまりにくくなります。
詳しい仕様につきましてはPDFにまとめていますので下記をご参照ください。

シャワーカーテン

リングテープ均等ピッチの製作

プレーンシェードに使われていますリングテープは、上げ下げするためのコードを通す部材です。
通常リングカンは、下部か上部から決められた長さ間隔でリングカンがついています。
このようなテープを使用するとき、高さ寸法がリングピッチで綺麗に割れない場合上部か下部に余りが出てしまいます。
この余った部分がシェードの見栄えを悪くすることがございます。
せっかく買った製品がきれいに収まらないとちょっと落ち着かなくなるのではないかと思います。

弊社のシェード用リングテープは、このような問題を緩和するために2種類のご提案を用意いたしました。
①弊社の通常仕様でたくさんのリングテープピッチ種類を使用して高さのサイズにできるだけきれいにカンの割り付けが出来るテープを使用した縫製仕様
弊社では、亜均等仕様と呼んでいます。
*この場合は、なにもご指示いただかなくてもこの仕様になります。

②着脱均等仕様です。追加料金がかかりますが専門店やこだわりの強い人向けの仕様になります。
専用のポケットテープを使用してリングカンを一個一個手作業でテープに装着します。
その際に生地を高さサイズで割った寸法や目線のチェックで亜均等よりも高度なリングカンの均等ピッチを作ります。
高さが高い窓には長いピッチ、高さが短い窓には短いピッチと自由に指定が出来ます。

シェードの専門工場だからできる提案です。

ローマンシェードの製作

弊社は、ローマンシェードの製作からスタートしました工場です。
メカにつきましては、ローマンシェードの専門工場ですので TOSO、タチカワ両方取扱いがございます。
また、シェードの縫製資材についてはメーカーの資材から弊社オリジナルの資材まで状況に合わせて使っています。

シェードやスタイル専門工場で専門の日本人スタッフが丁寧に製作をさせていただいています。
国内の有名専門店様から長年ご信頼をいただいて製作の依頼をいただいています。

また、ブログでもご紹介していくような弊社オリジナルの企画縫製もシェード専門工場の味の一つとしてご紹介をしていきます。
例えば、ニューシャープシェード
DSC005251
非常に細いバーを使ったシェープタイプのシェードです。
細いため、通常シェープシェードよりも軽いため上下の昇降がしやすいです。
また、専用の透明テープを使っているため見栄えもすっきりしていてかっこいいです。

シェードでもっとも注文の多いプレーンシェードは、洗濯のための取り外しがしやすい専用テープとカンを使っています。
PICT04511
弊社の意匠です。

 

 

ローマンシェード簡易裏地

シェードを作ったあとでやっぱり裏地が欲しかった場合、通常幕体を作りなおす必要があります。
そのようなときにお勧めするのが簡易裏地です。

現在のシェードに簡単に取り付けが出来ます。

uraji
このような形になりますので表地と裏地の間に空間がありますのでミシンの針穴から光漏れが目立ちにくい形になっています。

安全タッセルジョイント

こんなチラシご存知ですか

これは、東京都生活文化局消費生活部生活安全課が出しているチラシです。
内容としては、カーテン類の紐で首や手足を引っかける事故が発生していることへの注意喚起です。
特に小さなお子様などは自分で回りにある環境が安全か安全ではないかの判断が出来ません。

周りの大人が紐に関する危険を正しく理解して安全な環境を作る必要があります。

窓回りの中で一番使われているのがカーテンです。そしてそれを束ねるために使っている紐も一つ使い方を間違えると事故になる可能性があります。
しかしカーテンを束ねたいのに紐が使えないもの生活に不便が出る場合がございます。
カーテンを取り扱うものとして安全に紐を使っていただけるものをご紹介致します。

カーテンタッセル安全ジョイントです。
通常お使いいただいていますタッセルに下写真のようにとりつけられるようになっています。

製品写真とつけ方(イメージ)

使用実例

形状記憶カーテン 形態安定カーテン

真空釜の形状記憶カーテンの加工が出来ます。
DSCF12011
形状記憶のカーテンの専用設備です。
きれいなウェーブが出ます。

形態安定用の機械です。
DSCF11951
簡易なウェーブ加工の機械です。

設備以外にも梱包も出来るだけきれいにわかりやすくしています。
IMG_0718 (640x427)
自社で専用の不織布の袋を作り一つずつ入れています。

ちょっとしたこだわりですが、お客様に喜んでいただくためのできる限りの工夫です。