環境と安全方針

環境への取り組み

分別の必要がない資材の使用

主にポリエステル生地が使われているカーテンを捨てる際に、カーテンの分別をパーツごとにしなくてはいけません。 スタイルジャパンは自社で開発したオリジナルの資材で分別の必要性をなくしそのまま捨てることが出来ます。

環境対応ウエイト100%使用

過去にはカーテンウエイトは鉛が主流で当たり前のように使われていましたが鉛は廃棄処分する際土壌浸食を起こし環境に悪影響を及ぼすことがわかり土壌汚染がおこらない材料を使うようになりました。 最初はリサイクルが可能な有価物であるステンレスを採用し、その後土に帰るセラミックを開発し、また新たな環境対応ウエイト<無公害樹脂ウエイト>を今後ウエイトが必要な弊社製品には100%入れていきます。

安全への取り組み

検針機対応のウエイトの開発

カーテンはミシンで縫って作っているため、針が折れると生地の中に入り込んでしまう可能性があります。そのため弊社製造工場では検針機を使って100%検品を行っています。 しかし検針機は全ての金属に反応するためウエイトが金属の場合検針機が反応し針が見つけにくい場合があります。 その際に検針機で反応しないウエイトを使うことにより検針機の誤作動を減らし針を確実に見つけることが出来ます。

防炎加工への取り組み

防炎生地も取扱いがございますが、防炎機能を持たない生地で防炎機能をご希望の場合、有償ではございますが後加工防炎を施すことが出来ます。 弊社で加工を行い、防炎加工技術者による防炎性能チェックを行った上出荷を致します。