シェード修理事例

お客様のご依頼で有償ですが近場でしたので修理に行ってきました。
シェードのチェーンが抜けてしまった状態でした。

ドラム式のチェーンは、ワンチェーンのように熱接着の場合はチェーン自体を交換しなくてはなりませんが、今回はジョイントから外れてしまったケースでした。
この場合は、チェーンを通し直せば治ります。
しかし、最近のシェードのメカは、チェーンのコントローラーをいったん外して通し直さないといけないのでちょっと一般の方だと大変かもしれません。

気を付けていただきたいことは、ジョイントからチェーンが外れたことに気付かずチェーンを全部引っ張ってしまうことで作業がより大変になります。
切れたと思った場合チェーンを引っ張らず現状でキープしていただき一度ジョイントを探してからジョイントに切れた先を入れていただくと一般のユーザー様でも治るケースもございます。

また、チェーンの上げ下げをする際は、ジョイントがどこにあるか気にかけることで長持ちすると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です