シェードの幕体が重い場合はギア式がおすすめです。

シェードも最近裏地付やシャープシェードなど生地が重くなる縫製仕様のご注文が割とあります。
そして、サイズの大きい窓で使われるケースも多くさらに重量が増します。

あまり重くなるとユーザー様が使う際にちょっと使いにくいことをたまに聞きます。

その場合は、ドラムギア式をお勧めしています。

ドラムギア式は、重量タイプに対応しています。

上げ下げは、通常のドラム式と違ってご自身で上げたり下げたりする必要がありますが操作は割と軽いです。

ご不明な点は、ご相談をお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です