バルーンシェードとオーストリアンシェード

バルーンシェードは、巾寸法で倍率をとって縦にギャザーのラインがでます。
横ウェーブを出すには、たたみ上げをして途中で止めることによって横ウェーブがでます。

オーストリアンシェードは、見栄えのいい豪華なシェードです。
バルーンシェードと違って丈方向に倍率をとり絞って縦寸法をだしますので上げ下げすることなく初めからきれいな横ウェーブが出ます。

取り付けの際に気を付けていただきたいことがあります。
バルーンは、プレーンやシャープと同様の方法でいいのですが、オーストリアンは、シェードの両側にワイヤーが必要になりますので床に穴を開ける必要があります。

少し問い合わせがありましたので参考までにちょっと書いてみました。
ご不明な点は、営業までご相談いただけましたら幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です