カーテンに関する防炎ラベルの話

今年4月から防炎ラベルの新しい制度が始まりました。
既存の防炎ラベルにカーテン生地メーカーが出す新たなシール<補助ラベル>を添付して製品を作ることになりました。
補助ラベルには、番号が書いてあり番号を検索すると製造情報がわかる仕組みになっています。

あまり詳しくはないのですが、なんか焼肉屋にある牛の管理番号みたいなものをイメージしてしまいます。

消費者の方が安全安心に購入するためにはよいことだと思います。

ただし2015年4月以前に作られた生地の原反にはつけなくていいそうなのでこれから購入されるお客様のカーテンには補助ラベルはまだついていない可能性もありますのでご注意下さい。

参考程度の情報発信です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です