窓装飾プランナーの試験を受けました。

私事ですが窓装飾プランナー試験を9月に受けてきました。
実はこれで2回目です。
一回目は初めて開催された年に記念として受けました。結果はご承知の通り不合格です。
勉強不足が一番の理由ですが、縫製の仕事がメインで現場をよく理解していなかったのもあります。
また、以上な数量の問題で大変だった思いが印象的でした。

2回目の今回は、窓装飾プランナー4回目になる今年でした。
問題の内容のかなり変わり前回よりも個人的には面白いと思いました。
ただし、日ごろ色々な生地を縫製しているものとしては、日ごろ例外な話が多すぎて何が普通かジャッジが難しい問題もありました。
一応言い訳として受けていただけましたら幸いです。

せっかくの窓の専門資格ですのでもう少しカーテンの生地、スタイル、レールなどの問題はもう少し多くした方がいいのではと個人的に思います。

10月が発表ですが私が何も言わなければご察しいただけますと助かります。

今回は試験勉強も含めていい経験になりました。

電動シェード

この度9月から電動シェードの取り扱いを始めます。
何年も前から取扱いがしたかったのですが、この度成就致しました。

今までシェードの専門工場として色々取り組みをしていますが、安全対策や便利性などの面では私自身不満足でした。
電動を取り組むことでシェードの紐の引っ掛かりの対策や動けない方への提案が出来るようになりました。

弊社の取扱いのお客様には随時ご連絡という形になりますがもしご興味がございましたら是非お問い合わせいただけましたら幸いです。

フラットバルーン

フラットバルーンの幕体です。
フラットバルーンは、色々な形があります。
ヒダ山の位置やリングテープなど少し違うだけで見え方がずいぶん違います。

今回作ったものは、お客様から柄を並べて見えるように作るご指示をいただきまして作りました。

柄を選んで見えるように作るのは手間がかかりました。
こういう縫製は、ある程度結果が見えないためお客様と打ち合わせを何度も行いお客様の理想に近づけます。

スタイルカーテンのオーダー専門の工場だからできることなのかと思います。

また何か写真が手に入りましたら載せます。

オリジナルアプリ新柄追加しました。

弊社オリジナルカタログ<STYLEJAPAN>の新柄がiPadアプリに追加されました。
今回は、おしゃれなプリント生地が多く追加されました。

登録いただいていますお客様はAPPLEのアプリストアからアップロードしていただくだけで最新の生地が追加されます。

今後も新しい柄の追加をしていく予定です。

後加工防炎事例②

後加工防炎の事例は、のれんです。
ポリエステル製の生地は特定の資格を持った業者しか加工出来ないためのれんの製作と防炎加工依頼がちょくちょく来ます。

また、のれんの防炎加工のみの話もあります。

商業施設や特養施設などには、防炎の義務があります。
のれんは、室内で使われるタイプで水場ではないところに使うものであれば防炎加工出来ます。
ただし濡れたり洗濯したりしますと防炎機能が失われますのでご注意下さい。

後加工防炎の事例①

後加工防炎の依頼がありました。
クリニックのカーテンでお客様の気に入った防炎生地が見つからないので通常の生地を後加工防炎で納めました。
やはり思うのは、後加工防炎の場合少し生地の硬化が出ます。
また、今回は後加工できる生地でしたので問題なく弊社の防炎検査もパスしました。
弊社の防炎検査は、実際飾る生地の残布で同生地検査をしています。

何らかの加工が施してある生地は、基本後加工出来ません。
例えば、薬剤で機能を付けた生地などです。
おそらく後加工の機能が生地につかず簡単に燃えてしまうのではと思います。
ご依頼の際は、生地メーカーに前もってご確認いただきますと助かります。

 

カーテンアプリに新柄追加です。

最近寒暖の差が厳しくさらには花粉症にも悩まされる日々です。

さて、すでに一部ではご紹介しましたが弊社オリジナルカーテンアプリに新柄が追加されました。
アプリの良さは、バージョンアップをすれば最新のカタログが使えるという点です。

また、生地の全体イメージが見れます。

今後も新しい柄の追加の予定がありますのでアプリのご利用をしていただけましたら幸いです。

詳しくは弊社営業まで

後加工防炎ページの追加

3月から後加工が出来ます旨更新しました。
本来は、防炎品や防炎製品などがあればいいのですが縫製屋として安全性なサービスと弊社の製品クオリティの向上を目指す一環で昨年から少しずつ準備を重ねてきました。
色々なところへの申請、許可や設備などハードルが多々ございましたがなんとかスタートすることが出来ました。
今後は後加工防炎の専用ページを作りましたので色々と情報が出せたらと思います。

防炎加工始めました。

防炎加工始めました。
とは言っても後加工です。
弊社製品の安全性を考慮してご希望のお客様には有償ですが後加工防炎の機能を付けることができるようになりました。
基本は、新品で弊社縫製品のみになります。
後加工防炎は、一回洗濯で機能が失われますのでご注意下さい。
詳しくは、営業まで。