縦型ブラインド(ヴァーチカルブラインド)の紐カーテンヴァージョン

最近ヴァーチカルブラインドよく個人宅でも拝見します。
もともと店舗やビルなどで使われていますが形もかっこいいし個人宅でも使いたいという方が増えてきたのかなと思います。

弊社自身は、ヴァーチカルの取扱いはありませんがヴァーチカル用に次のような提案をしています。
ヴァーチカルの生地の羽の部分を紐カーテンに変えることが出来ます。

PICT0236 (640x480)
上記の写真のようになります。

特におすすめは、夏の時期です。
紐で羽が出来ているため風通しがいいです。

さらに子供様のいる家庭では通り抜けで紐が引っかかるケースが格段に下がります。(下は切りっぱなしのため)

もう一つお勧めは、以前ついていて古くなったメカを利用して紐ヴァ―チカルブラインドへ変更することです。
メカ代はかかりませんので羽の取り換えだけになります。

個人宅は取り替えて使いたい方にちょくちょく、あとは店舗のお問い合わせが多いです。

コードスクリーンをレースカーテンの代わりに使う

ふつうカーテンは、厚地の生地と薄地の生地の組み合わせで使われることが多いです。
その際、ちょっと変化を出したい方などは薄地にスタイルカーテンやシェード、厚地には、ハトメカーテンやシェードなどどちらか一つでも使うとイメージも変わります。
最近使われるのは、紐カーテンです。弊社ではコードスクリーンと呼んでいますがレースの代わりに使われる方もいらっしゃいます。
透過的にはこんな感じです。

PICT0400 (480x640)
2重にされる方もいらっしゃいます。

参考になりましたら幸いです。

間仕切りコードスクリーン

コードスクリーンのご紹介です。
弊社では、コンスタントにご注文がある製品です。
簡単に言えば紐カーテンです。
簡単な間仕切りにも使えますし、レースカーテンの代わりにもなります。
弊社で製造した場合は、完全なオーダー製品として巾も丈もサイズ通り作ります。
現地では、取り付けるだけの状態にしてあります。

フック仕様は、フラット仕様のおすすめしています。
また、袋縫いやマジックテープ仕様も出来ます。

店舗のみならず個人宅でもお洒落に飾っていただいています。

また、縦型ブラインドの羽の代わりに使っていただくのも好評です。
メカがまだ使えるのであれば羽だけ交換していただくのもエコです。

PICT0236 (640x480)
こんな感じです。